オンラインストア
ショッピングガイド

秋も深まり ちょっと一献 | 清雅堂 クラフト & ライフスタイルショップ

TOP > News > Category : ショップブログ, コラム > 秋も深まり ちょっと一献

2017.10.16 Mon

秋も深まり ちょっと一献

秋も深まり ちょっと一献

秋も深まり、朝夕肌寒くなってきましたね。

買い物に出かければ、お鍋の材料がずらり並んでいます。銀のナイフのようなサンマや、魅惑の香りを振りまくマツタケも。秋はごちそうが多くて、何を買おうか迷ってしまいます。

そして食事のお供も、きんきんのビールから、人肌のお酒にシフトしたくなる頃。
じわり体の内側から温めてくれるお酒、ひとりしみじみ嗜むもよし、大切な人と分かち合うもよし。

enneには、そんなお酒タイムをいっそう趣き深くしてくれる、選りすぐりの酒器が揃っています。

錫製ちろり

錫製ちろり

こちらは石川県出身の金属造形作家、角居康宏さんが手がけた、錫(すず)製のちろりです。ちろりとはお酒をお燗するための容器。「ちろり」と短時間で温まることからその名がついたとか。粋なネーミングですね。

錫製猪口

同じく角居さんによる同素材、同パターン入りのお猪口もございます。セットで揃えるとますます美味しくいただけそうです。

錫製猪口
富士山 FUJIYAMA

富士山 FUJIYAMA

くるりひっくり返すと富士山になる、富山県高岡市の錫鋳物メーカー「能作」のお猪口もございます。飲むのを忘れて眺めてしまいそうですね。
錫製もいいけれど、やっぱり陶磁器もいいよね…そんな方にはこちらもございます。

白磁角徳利

白磁角徳利

富山県の陶芸家・高桑英隆さんが手がけたとっくりです。どこかあたたかい白磁の四角いボディに丸い首。口には粋な錆色がくるり。シンプルなのに存在感があります。意外にたっぷり入るので、積もる話でもしながら、差しつ差されつしませんか。

そして、こんなちょっと変わったお猪口も。

ひょうたんおちょこ(小)

ひょうたんおちょこ(小)

こちらは山中塗の漆職人、山谷尚敏さんのもの。なんと本物のひょうたんの上下を切って、漆を塗っちゃいました。なるほど、真ん中にくびれがあって、おちょこにピッタリの形ですね。自然のままのいびつな形が味わいとなっています。

お猪口でチビチビ、もいいけど、もっとこう、なみなみと…。
ご心配なく。そんな方にもピッタリなのがこちら。
その名も「吞みすぎる杯」です。

呑みすぎる杯(白)

呑みすぎる杯(白)

こちらは富山県の陶芸家、釋永岳さんの作品。
お酒をより美味しく嗜む為に改良を重ねた結果、極限まで薄くなりました。口に触れる部分はとても繊細でシャープ。流れるようにすいすいとお酒がすすんで、つい吞みすぎてしまうところが商品名の由来です。お酒を入れると光が反射し、揺らぐ様子が透けて見え、とても綺麗。目と舌を同時に楽しませてくれる杯なのです。

ひと味ちがう、enneの酒器。
お気に入りを選んで、今夜はちょっと一献、いかがですか。

秋も深まり ちょっと一献の関連商品

秋も深まり ちょっと一献の関連記事

秋も深まり ちょっと一献についているタグ

ショッピングカテゴリ
Shopping Category

閉じる

記事検索
Search

閉じる